バトラーButler

2015.4.23

みどり色

萌黄色・・・春に萌え出る草の芽の色

一年で一番好きな新緑の季節。
その美しさにいつも心奪われます。

萌黄色、若葉色、裏葉色、青竹色、常盤色、柳色・・・

一口に「みどり」といっても、さまざまな色がありますね。
どれも今の天城の山々を表す美しい日本語特有の色の名前です。

%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%84%E3%82%8D.jpg

アルカナで貸出し用としてご用意しています500色の色鉛筆にも
色んな「みどり色」がありました。

%E3%81%AF%E3%82%8B.jpg

 「若草の息吹き」
 「山ほととぎす」
 「春一番のふきのとう」
 「水面に映える岸辺の葦」
 「尾瀬の水芭蕉」

今の季節にピッタリのワクワクするような色の名前ですね。

他にはこんな色も。

%E3%81%97%E3%81%82%E3%82%8F%E3%81%9B.jpg

 「四葉のクローバー」
 「幸運の茶柱」

何だか幸せになれそう。

美味しそうなみどり色はこちら

%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%97%E3%81%84.jpg

 「宇治の茶団子」
 「マスカットキャンディー」
 「ブロッコリーサラダ」
 「初詣の焼き銀杏」
 「広口瓶のピクルス」

こんな面白い色もありました。

%E3%81%B8%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE.jpg

 「暗闇のキャッツアイ」
 「ベートーヴェン 田園」

あなたは春のアルカナでどんな「みどり色」を見つけましたか?

butler C

ページの上部へ