バトラーButler

2015.9.17

謎・不思議・神秘

皆様、こんにちは!いつもarcana izuのブログを隅々までご覧くださいまして、誠にありがとうございます!!

普段、天城湯ヶ島の大自然に包まれながら日々を送っている私。
なんて素敵な日々。

非日常を味わいにたまには大都会へ。。。

六本木、国立新美術館に行ってきました!

そう、
目的は何といっても
『マグリット展』を観るためです!!

なんでも13年振りの回顧展なのだそうです。
※今現在は、京都市美術館にて開催中だそうです。

ルネ・マグリット(1898-1967)
ベルギーの画家。
シュルレアリスムを代表する画家です。
言葉やイメージ、見えているものと見えないものの関係、昼なのに夜、部屋の中なのに外の風景、なぜ?この組み合わせ!?など、マグリットの絵は◯◯なのに◯◯。といった特徴があります。また、作品に名付ける題名がとっても不思議なんです。

当日はもの凄く混んでおりましたが、世界各国からの120点もの代表作をじっくりと観ることができました。目も心も奪われ、頭の中は混乱気味になりそうですが、不思議で独特な世界。まさに神秘的。

本当に観れて良かったーー!!

個人的にマグリットの絵を観ていると、あの頃頑張ってきた事、楽しかった思い出が蘇ってきます。

特に空をくり抜いた鳥の絵、『大家族』の作品を目の前にした時は、『よし!これからもまだまだ頑張るぞー!』という気にさせてくれました!

グッズ販売のところに作品集の本がありました!思わず買ってしまいました!
シュールなグッズもたくさんありました。

芸術の秋、ルネ・マグリットにご興味のある方、又は、更に非日常の世界にどっぷりと浸かりたい方は秋の夜長にマグリットの本を眺めてはいかがでしょうか。
アルカナイズへご宿泊の際は、バトラーにお声掛け下さい!お貸しします!!

butler E

ページの上部へ