バトラーButler

2015.9.19

伊豆・湯ヶ島の雨宿り IN アルカナ イズ

この度の水害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

ここ数日、天城湯ヶ島も雨の日が続いておりました。

皆様、雨の日には何をしますか?
雨の日にはどんなイメージをお持ちでしょうか?

外を歩くとお気に入りの洋服が濡れてしまって傘も荷物になるし、ジメジメして洗濯物も乾かないし、水のトラブルがあったり...。マイナスのイメージが多いですね。

でも、実はいい事もたくさんありますよね。
お気に入りの傘でお出かけができたり、花や草木がいつもより綺麗に見えたり、マイナスイオンたっぷりでリラックスできたり。
また、雨音には自然と心を落ち着かせ、集中力の向上も期待できるそうです。

晴耕雨読という言葉もある様に、雨の日には読書をするにはとても良い日だそうです。

アルカナの客室には一冊の本がございます。

その中に「旅をあきらめた友と、その母への手紙」というお話しがあります。
1人の女性が雨の日のアルカナに訪れる物語です。

どんなお話しかは読んでみてからのお楽しみ。

もし皆様が雨の降る日にアルカナに訪れた時には、雨に映える大自然を眺めながら、雨音のBGMと共にゆっくりと読書を楽しんでみてはいかがでしょうか。

Butler RYO

ページの上部へ