キュイジニエCuisinier

2016.8.5

『夏のおすすめシャンパーニュ』

8月に入り毎日暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
本日はアルカナでお出ししているグラスシャンパンをご紹介させて頂きます。

『ピエール・モンキュイ・キュヴェ・ユーグ・ド・クルメ』

ピエールモンキュイという生産者はいわゆるRM(レコルタンマニュピュラン)、ブドウ栽培から製造・販売までの工程全てを自らの手でまかなうシャンパーニュの小規模生産者のことを指します。
生産量は少ないですが、少量生産だからこそ出来る丁寧な畑の管理と醸造でとても人気があります。
こちらのキュヴェ・ユーグ・ド・クルメは白ブドウのシャルドネ100%で造られるブラン・ド・ブランでフレッシュで華やかな印象のシャンパーニュです。
特にこのピエール・モンキュイという生産者は最も高品質なシャルドネ栽培に適すると言われる『ル・メニル・シュール・オジェ』村に拠点置いてます。

しかも今回は通常の2倍サイズのマグナムボトルでご用意致しました!!

20160804_172147

マグナムボトルは一般的に通常のボトルと比べて、空気に触れる面積が少ない分、ゆっくりと時間をかけて熟成するため、実はボトルが大きいほどより美味しく熟成するといわれています。
しかもボトルが大きくなると、瓶の上の方と下の方でも味わいが変わるとかかわらないとか…

この夏だけの期間限定での提供となります。
皆様アルカナにお越しの際には、是非アペリティフとして、また前菜や魚介料理と併せてお愉しみ下さいませ。

Butler RYO

ページの上部へ