ソムリエSommelier

2016.9.28

フレンチ×日本酒

今日はアルカナでお出ししている日本酒を少しご紹介いたします。

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%e5%86%99%e7%9c%9f
左:静岡県富士宮にある富士錦酒造さんの「特別純米誉富士」
静岡で生まれた希少な酒米、誉富士と富士山の湧水で仕込まれた純米酒です。
こちらは2014年の純米酒大賞で最高金賞を受賞した逸品です!!

右:愛知県名古屋市にある萬乗醸造さんの醸し人九平次シリーズの「彼の地純米大吟醸」
「皆様を遥か彼方へお連れしたい」という思い込めてつくられているそうです。
萬乗醸造さんは360年の歴史のある老舗の酒造さんで、2005年から新たな市場としてヨーロッパに狙いを定めたお酒造りもしているそうで、醸し人九平次のシリーズは大人気でヨーロッパのフレンチレストランなどにもオンリストされているそうです。
しかもこの萬乗醸造さん、フランスのブルゴーニュでワインづくりを始めるとか…
たしかにこの「彼の地」もワインの様なお洒落なボトルデザイン、またボトルだけではなくお召し上がり頂く際もワイングラスをオススメしているそうです。

日本酒と言えばおちょこを使って飲むのが一般的ですが、特に純米酒などの香りの良い日本酒はワイングラスで飲むと繊細な香りもしっかり楽しめます。
実は海外ではほとんどの場合、日本酒はワイングラスで飲まれているそうです。

フランス料理にワインを合わせるのはもちろん美味しいですが、たまには日本酒を合わせてみてはいかがでしょうか?
もしかしたらワインより素晴らしいマリアージュが生まれるかも…。

Butler RYO

ページの上部へ