バトラーButler

2016.10.19

リネン子のフィールド調査

まだ紅葉には少し早いものの、すっかり秋の雰囲気ですね。
皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

私はと言うと忙しい合間を縫って徒歩5分ほどの所にフィールド調査に行ってきました。
鮎釣りで有名な狩野川のすぐ脇にarcanaがある事はもちろんご存知ですよね。
鮎釣り師は夏の間たくさん居るものの、雑魚釣り師はほとんど見当たりません。
さて釣り師が減った川の中は、いったいどうなっているか?
とずっと気になっておりました。
ここの所 お客さまのお陰様で忙しい毎日を送らせて頂いておりまして
フィールド調査が疎かになっておりました。

DSC_0844

釣れたのは、ウグイ、カワムツ、アブラハヤでした。
中でも大型の魚体は25cmに迫ろうかという大きさのウグイです。

ご存知の方も多いとは思いますが鮎釣りは友釣りですので、鮎釣り師がいくらいても雑魚たちは狙われる事がありません。その結果のびのびと大きく育ち、魚影が濃くなるという訳です。
この時期は夏の間にたっぷりと栄養を蓄えた魚たちが、これから来る冬に備えているせいか皆一様にふっくらとしておりました。釣り上げた時は、ずっしりと重く初夏に調査をした時の何倍にも感じられました。

雑魚釣りだって魚釣りに違いはありません。
釣れれば楽しいですよ。
ご宿泊の際に童心に帰って釣り糸を垂れ、ぼんやりと浮きを眺めるのも良いものですよ。
釣果はレストランの個室から見る事が出来ます。
お勧めは、朝食時です(夜は残念ながら暗くて小川の中を見る事が出来ませんので)。
ぜひお楽しみください。

リネン子

ページの上部へ