バトラーButler

2017.3.27

伊豆大島の椿祭り

3月に入り、以前から気になっておりました、伊豆七島の伊豆大島に行って参りました。
伊豆大島が東京都だって知っていますよね~?伊豆諸島、小笠原諸島は東京都なのです。
以前、仕事で新島・式根島には下田から東海汽船に乗って、泊まりがけで出かけております。
初島も何年か前のお正月に、熱海港から遊びに行って来ました。そして、大島にもいつかは行ってみようと思い募らせ、ついに今年の椿まつりに稲取港から東海汽船で日帰りの旅をすることとなりました。
CIMG0112

日帰りでも、知らない土地を旅することって、やっぱりそれだけでワクワク・興味津々・愉しいのです。
現地では観光タクシーの運転手さんの観光ガイドが、アナウンサーのような良い声と饒舌なお話しで聞きほれてしまい、運転も快適でとても楽しい日帰りの島めぐりとなりました。
CIMG0089

海と景色と椿の花の美しさと、伊豆半島程の変化と風光明媚さではないですが、何となく島ののどかな雰囲気と、ジオパークの火山の島の地形や火山噴火後の状態等、興味深いことをたくさん見聞きすることが出来ました。大島を巡る海岸線の道路を造るときに削った地層も見事でした。CIMG0122
ミルフィーユ状の何層にも重なり、所々曲線を描いた長く美しい地層は、他で見ることの出来ない大規模な地層でした。また、伊豆大島には日本で唯一の砂漠と呼ばれる場所があるということも知り、それもまた不思議に感じました。何年か前まではラクダに乗って、砂漠を周遊する観光もあったそうです。もし時間があったら、日本で唯一の「砂漠」を歩いてみたら、どんな発見があったんだろうと妄想するだけでも楽しいですよね。
CIMG0078
そして時期的に伊豆大島発祥の大島桜も、知っておりましたが、地元大島の大島桜を見て、説明されて初めて、ここが発祥の地なのだという事を実感することが出来たりもしました。
CIMG0110

東伊豆町稲取港から35分程ですが、ちょっと日帰りの船旅と島めぐりをするには、ちょうど良い場所ではないかと思います。
是非アルカナ イズにご宿泊されて、翌日観光されるのにもお勧めですよ。

一升瓶

ページの上部へ