今月のarcana

2020.1.1

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては輝かしい新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。
昨年は、格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

さて、本年の干支は、最初に戻ってねずみ(子)でございます。

なぜねずみが、一番最初なのかはわかっておりませんが、日本の民話である十二支の
はじまりで記されている内容のあらすじをご紹介いたします。

「十二月のある日、神様は動物たちを集めていいました。
来年の1月1日に私の家でごちそうするから来てください
12番目までに来るとご褒美があります。
ねずみは、早く神様の家に着きたいので、外で寝ました。
ねずみが朝起きると、うしの背中で寝ていました。
うしは足が遅いので、早くにでかけたのです。
神様の家に着くと、ねずみはうしの背中から飛び降りて、神様の家に一番につきました。
うしは2番目でした。
その他の動物たちも次々にやってきました。
神様からご褒美の発表があり、1番目だったねずみのために、最初の年をねずみどし
にすると発表しました。
その後着いた順番にうしどし、とらどし・・・・と決まり十二支と呼ぶことに
なりました。」
という内容です。

ねずみ年は繁栄の年。経済だけでなく世の中も盛り上がることでしょう。

また、今年は、56年振りの東京オリンピック開催年、伊豆市も自転車の
マウンテンバイク、トラック競技の会場となっております。

http://www.city.izu.shizuoka.jp/gyousei/gyousei_category_main0501.html
(伊豆市役所HPより)

まだ伊豆に訪れたことが無い方は、この機会に是非お出かけくださいませ。
きっとお気に召すと思います。

今年も沢山のゲストをお迎えできることを想像し早くもワクワクしております。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

令和2年1月1日
粋光

ページの上部へ