バトラーButler

2020.3.2

みつまた

静かにうつむき加減に花を咲かせる「みつまた」
桜や桃のような華やかさはないですが、
この春の訪れにほっこり和みます。

アルカナ イズに来るまで存在を知りませんでしたが
修善寺和紙や紙幣の原料となる木です。

「みつまた」は春を告げるかのように一足先に淡い黄色い花を開くため
昔は「先草/サキクサ」と呼ばれていたとの考えがあります。
他にも縁起の良い吉兆の草とされていた為
「幸草/サキクサ」と呼ばれたとも言われています。

今年は暖冬の為、河津桜は葉桜となり
桃の花も明日のひな祭りを目前に満開となっておりますが
ふと下を見てみると可憐なお花がお淑やかに咲いていますよ。

ご当地キューピー

ページの上部へ