バトラーButler

2018.2.5

幸せのむし

今年は数十年ぶりの大寒波で、各地で大雪を降らせておりますね。
雪かきで毎日大変な思いをされている方もいらっしゃる事でしょうね。

今年は温暖な伊豆でも数年ぶりに本格的に雪が積もりました。

本当に久しぶりです。

数年前の悪夢が蘇りそうでしたが、いまは道路の雪はもうすっかり
解けて車の運転はノーマルタイヤで問題なし。
(一部峠越えを考えていらっしゃる方は、ご注意ください)。

さて毎年この時期になると生き物たちが、どこかに姿を消してしまいブログの
ネタを探すのに生き物担当の私はいつも頭を抱えております。

いっその事 私もブログも冬眠してしまおうかと考えています。

しかし今年は状況が違います。
お部屋から窓の外をみて見ると、テントウムシが元気に歩いているではありませんか。
テントウムシの寿命は意外と長くて2~3年あるんだそうです。
冬は冬眠するのですが、暖かく日の当たる場所にたくさん集まっている事もあります。
太陽の力を浴びて、寒い冬でも活動している所を見る事が出来ます。
何の為にこの寒い冬に暖かい場所で活動しているのか不思議ですね。
エサになる物もないですし、動き回ればその分 確実に体力が減りますからね。
だったら完全に体の活性を下げて暖かくなる春まで冬眠すればいいのに・・・

まぁ、難しい事を抜きにして見れば、純粋に可愛く歩き回っていると言う事ですね。

世界各国で幸運を運んでくる虫として愛されるテントウムシ。
農作物につく害虫を食べてくれるので古くはテントウムシが大量発生すると豊作になる
と言われていたそうです。
しかし愛される一番の理由は、その可愛らしい姿からでしょうね。

わたくし共にとっても唯一といっても良いくらい、客室内にいてもお客様から呼び出しを
されない貴重な虫。

これが蛾やクモなら、もれなくお叱りを受ける所なのですが・・・

今年は私にとっても、虫のいないこの寒い時期にブログネタになってくれて
まさしく幸運を運ぶ虫となってくれました。

リネン子

ページの上部へ