カテゴリー: キュイジニエCuisinier

食いしん坊倶楽部 No23 「居ても立ってもピザ窯 編 ④」

2018.3.4

伊豆市修善寺
とある庭先で、薪をくべる
一人の男がいた…

現在この地上で、最もピザを焼きたい、そして食したい欲にかられているであろう
食いしん坊YMです。

先日 風に阻まれ、窯に火を付ける事すら許されなかった私ですが
この食い意地という執念
また、食いしん坊倶楽部支持者の皆さんの応援のおかげで、

“天は我に味方せり”

無風。

静かな午前中です。
曇りがちなせいか、近所に洗濯ものも干してあリません。
何の不安要素も見あたりません。

早速ピッツァの準備に取りかかりましょう。
すでに窯は、まだかまだかと待っています。

記念すべき第一号は
やはりマルゲリータで!
この時の為に、昨年庭で育てたトマトをソースにしてストックしておきました。

モッツァレラとバジルを少々。

いよいよ窯に!

わずか三分…

遂に焼けました!!

オッー
感激です。
仕上がりはまずまずですが
これはうまいに決まっています。

あの真夏の炎天下、ふとした思い付きで始めたピザ窯作成。
半年を経て、やっと結実。

うましっ!!

乗ってきました、食いしん坊。
さあ、二枚目です。
ピストゥーとアスパラ。
これまた、庭のバジルをペーストにしておいたもの。
この日の為に!

香ばしい、実に香ばしい。

うましっ!!

確かに、料理人として見れば
改良の余地は沢山あるのだけれど、
そんなもん ど返しでうまい。

これが手作りの良さなのだと実感できました。

そこに至るまでの過程や、シチュエーション、様々な要因が、食べ手の味覚を含む感覚に大きく影響するのだと
改めて感じた次第であります。

これは紛れもなくエモーショナル!
どこぞやのホテルのコンセプトでしたね。
家でも体現、ピザで。

そうこうしているうちに
窯の温度が下がってきました。
余った生地と具材で
おかずパン焼こっと!

上出来、上出来。
うまい、旨い。

食いしん坊倶楽部
長編 ピザ窯 編
お付き合い、ありがとうございました。
とりあえず、完結です。
今後ともよろしくお願いします。

旨いものの為なら
なんのその!
食いしん坊に休日なし!

食いしん坊YM

食いしん坊倶楽部 No22 「居ても立ってもピザ窯編③」

2018.2.25

伊豆市修善寺。
草木も眠る丑三つ時、
とある台所で、小麦粉をこねる
一人の男がいた…

うまいものの為なら昼夜も問わず、
食いしん坊YMです。

前回うっかり忘れていた窯のフタも作り終え、ついにピザ窯が完成いたしました。
残すは窯に火を入れピッツァを焼いて食すのみ!

そして私が待ちに待っていたのは休日。

ランチにピザを焼くには、生地を前日に用意し、発酵させる必要があります。
仕事を終え帰宅しほどなく、念願のピザへの第一歩。
モチモチのナポリ風にするか?
それともパリパリのローマ風か?
考えるだけで空腹が鳴ります。

ここ修善寺では、もっちりとクリスピーの共存を目指す事にしました。

こねてこねて、執拗なまでにこねます。
10分… 15分… 20分
さすがの食いしん坊も汗がにじむ…

ほら、そろそろいい感じでしょう。

それでは発酵を待つこととします。



おはようございます!
外は晴れ。
生地の具合は…バッチリ、準備OK!

ピザの具材も用意万端。

いよいよ窯に火を入れるぞ!
時は来た!!

勇んで外へ出たその時、

嫌な予感…

まさかの強風が吹き荒れる…

追い打ちをかける町内放送。
『消防署より~ ◇○★ 極めて火災の発生しやすい気象条件です。火の取り扱いには十分に注意し、野外での~△★◇』

ニュースでは
乾燥注意報、強風注意報…

そして遠くで聞こえる
消防車のサイレン…

断念せざるを得ませんでした。
ここまできて、こんなオチが待っていようとは。

しかしながら、料理に携わる者として大切な火の元の安全。
ここはぐっと我慢。
されど食欲は暴発。
一度盛り上がった食いしん坊の心を解放することにしました。

すると足はいつもの魚屋さんへ…
伊豆が誇る特産品、伊勢海老をゲット!

こいつと余ったピザ生地で、
揚げカルツォーネを作ろうじゃないか!

伊勢海老入りのホワイトソースを
生地で包んで揚げる。
カリッとジューシー、贅沢な中身がとろけ出す!

路線変更もこれはこれで最高にうまい。

次回、近日中に公開
食いしん坊倶楽部「居ても立ってもピザ窯 編 ④ ~今度こそピッツァを食す の巻~ 」
乞うご期待!!

反逆の食いしん坊YM

おにぎらず

2018.2.19

春の気配がもうすぐそこかなと思えば次の日には凍てつく寒さに変わる何とももどかしい日々ですね。どうも、おにぎり君です。
またまたバトンが回って参りました。
シリーズ開始より何かにつけ’おにぎり’に寄せていく姿勢を試みてきましたが、今回は休憩しようと思います。
いわば’おにぎらず’です。

とある休日。
アラームの音をすり抜け続け遅い起床。
それから温泉に。(湯ヶ島界隈はホテル・旅館以外にも地元住民の為に運営されている銭湯がいくつかあるのが助かります。)
ひとっ風呂浸かりぽかぽかな絶妙な体内温度になったおにぎり、本を読みながらおネムーに。

目を覚ませば夜。
このままでは1日は終われないと思い、ついに扉を開くことにしました。
夜になるとアルカナ周辺の静けさとは正反対のネオンが光る、’湯ヶ島の銀座’ スナックSさんへ。

何とも落ち着く空間、色々出してくれるSママ料理、おもむろに始まる歌謡ショー(カラオケは立って歌うスタイルらしい)。

玉とろうどん(¥500)が美味でした。

終わりよければ全て良し。ぐーたら1日を良き日にしてくれたスナックSさんに謝謝!

朝起きておにぎり握るつもりが’おにぎれず’なおにぎり君の1日でした。
やっぱりおにぎりに寄せていっちゃう…..もはや性なのか…..

アルカナ上級者の方はディープな湯ヶ島ナイトを堪能出来るかも?!

おにぎり君

春の気配?

2018.1.22

皆さんこんにちは。
いかがお過ごしですか。

先日、静岡はとても暖かく日中は16度と春先のような気温になりました。
そういえばタクシーの運転手さんから聞いたのですが、河津桜がもう咲いているらしいのです。しかも12月から。
ということで、河津に見に行ってきました。

が、

遠くから見る限り全然。

ですが、近ずいて見てみると

小さな花がところどころに咲き始めていました。

例年であれば2月の後半あたりに満開を迎える河津桜。今年は少し早いかもしれません。

桜が咲いているということは、もしや‥。
蕗の薹が取れるポイントを覗いてみると、

こちらも小さな蕾がいくつか見つかりました。

アルカナの梅の花も咲き始め、徐々に春の気配が出てきました。

とはいえまだまだ厳しい寒さは続きます。

本日は天城湯ヶ島にも雪が舞っております。

春が待ち遠しいですが、皆さん体に気をつけてください。

世界のてっちゃん

連載:港巡り⑫~下田港~

2017.12.18

皆様こんにちは。
前回釣り堀で連敗をストップいたしました、へぼ釣り師チョゲでございます。皆様からはいろんな反応をいただきました。
「え?!釣り堀行ったんですか??(笑)」
「釣り師ではなく、釣り堀り師になった方がいいんじゃないの?」
などなど・・・。
しかし私は誓いました!
もう釣り堀には頼らない!!
正真正銘の “ 釣り師 ”として生きていく!!と・・・。​

​ということで久々に(ちゃんと海に)やって参りました!
今回の舞台は皆様ご存じの下田港!
下田港といっても、東の須崎方面にある、下田福浦堤防という伊豆随一の人気堤防へ。実績・名実ともに文句なしの堤防です。
この堤防は水深があり、潮通しも最高で様々な魚種が釣れることでも人気の高い堤防です。今の時期だとソウダガツオ・メジナ・シロギス・アオリイカが狙い目。

それではいつものようにエビをエサに釣り開始!

との気合いとは裏腹に・・・へぼ釣り師の本領(?)発揮・・・、なかなかアタリがきません。1時間・・・2時間・・・経過・・・。

そこで近場に狙いを変えてみることに。

​すると・・・

ヒット!!
釣れました!メジナ!

久々のアタリに嬉しすぎて、ピントが合いませんでした!​

その後もヒット連発!!
メジナ、メジナ、メジナ祭り!

なんとメジナが14匹も釣れました!!


今までのへぼ釣り師至上最高記録でございます!

これは早速、いつもへぼ釣り師を応援してくれているアルカナスタッフのみんなに報告せねば!
次の日、まず料理長に釣れた魚の写真を見せました。料理長が一言、私に言いました。

料理長 「これいっぱい釣れてるけど、魚の大きさはどうだったの?」
へぼ釣り師チョゲ 「・・・・・・・・」

ということで、釣れたメジナはすべて “ あら汁 ” にしておいしくいただきました。


皆様、アルカナへお越しの際は下田福浦堤防での釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか。あら汁サイズの美味しいメジナがたくさん釣れておすすめですよ。

さて、次はどこの港へ・・・。

へぼ釣り師チョゲ

帰ってきたきゃすてぃん

2017.12.11

皆さまお久しぶりです!
「きゃすてぃん!、島流しの刑に処す!!」(※)
それから早半年
アルカナに無事帰任しましたきゃすてぃんです。
戦場で活躍?して参りましたきゃすてぃんです。
皆さまが待ち焦がれていた?きゃすてぃんです。
(※)応援で手伝いに行っておりました。

というわけで久々のブログです。

地産地消を謳うアルカナのコンセプトにならった地元のものを紹介します。
伊豆丹那の酪農王国オラッチェの隣で作られております、丹那牛乳です!
なぜ今回牛乳なのかというと、牛乳って洋食には欠かせないんです。
ベシャメルソースつくったり、スープに混ぜたり、それにお菓子作りにも!
この半年の間に丹那牛乳を使う機会があり、どこにでも地元の牛乳はあるんだなと思ったりもしたので改めて勉強せねばならんなと思いまして。

そもそもどうやって牛乳が作られるかというと、大雑把なんですが、

搾乳(乳しぼり)→検査→清浄化→均質化→殺菌→検査→瓶詰め→配送→スーパーへ、となります。

丹那牛乳の強みは鮮度です。
それは酪農家と工場が非常に近いためで、理由は話すと長くなりますのでHPへ!
その鮮度が良いことで元々の菌が少なく、質が良い状態で処理できるのです。
おかげで加工品や大手にはできない品がだせるのです。
バァーン!!


こんなに種類があります。
特に低温殺菌のノンホモというものに関しては鮮度が他に類を見ないくらい良い状態でだしてるそうです。
鮮度に強みを見出している分、管理がとても大変らしいのですが。
しかもHACCPシステムというのも導入しているため衛生管理も特に気を使っているそう。機械の消毒やメンテナンスに半日かけるとか、、


地元に愛される丹那牛乳、そこには鮮度にこだわり安心安全を徹底管理する、牛乳だということがよくわかりました。
早速自分用に買ったものを帰って頂きたいと思います!
機会があれば皆さまもぜひご賞味ください。

工場長の山口さん、お忙しい中時間を割いていただきご協力どうもありがとうございました。

皆さまの?きゃすてぃん

リーゼントの休日

2017.11.27

お久しぶりです。いけとこリーゼントです。

自分はドライブが好きなのでどこかないかなと探しまして、伊豆の浮島の方にいって参りました!
行き先途中車を走らせていますと土肥らへんでこんな夕焼けが!!

なんと天気がよかったので富士山が顔を出してくれてました!!

とても心地よい風が吹き景色にみいってしまいましたが、これが行き先ではありません。
ここから20分ほど車走らせるとつきました!浮島海岸!

寒いですが冬の海は心に和みをくれますよね。。笑
冷えて寒いなぁとおもっていたら人影が!
この方は西伊豆町地域おこし協力隊の方でPR動画などをつくっているそうです。Facebookなどもやっているそうなので西伊豆町地域おこし協力隊で調べて見てみてください!ドローンを使った撮影をしていたらしく見せていただきました!

そうこうしていたら日が落ち暗く寒くなったので近くにあります、しおさいの湯にいってあったまりました。ここの温泉は地元の方が運営してるらしく感じのいいご主人さんがいて雰囲気もよかったです。是非よってみてください!

伊豆は良いところばっかりなのでこれから色んな所にドライブいってその写真を乗っけていこうとおもいます。
寒くなってきたので温泉も巡っていこうかなと思いますので次回もみてください!
みなさん冷えてきましたので体にはおきおつけてお過ごしください。

いけとこリーゼント

特産品を求めて

2017.11.22

どうもみなさんこんにちは。

アルカナも人が増えブログの頻度が低くなってきて
嬉しいような悲しいような感じがします。(笑)

まぁそんなこんなで今回は特産品ということで
伊豆の修善寺で有名な原木椎茸を食べに行こうと思います。

まず原木椎茸というのは自然に生えている広葉樹を切り出し
そこに椎茸菌を植え付け栽培する方法です。

木の養分を吸収しながら育てるものです!

その椎茸を食べるべく伊豆・村の駅に行ってきました。

地元の農産物や海産物、そしてお土産も買える場所なんですが
今回は直売所に入り口横にあるお店に行ってきました。

なんと椎茸バーガーが売ってるではないですか!!

これは食べなければ注文が入ってから作るので商品を頼んでから8分程かかりますが出来立てが食べられます。

椎茸尽くしのバーガーでどこを食べても椎茸の味がするバーガーです。とても美味しいです。
肉厚な椎茸の旨味が凄い勢いで襲ってきますね(笑)

きのこ好きにはもってこいですね!

村の駅があるのは三島なんですが
アルカナに来る途中にあるので
是非立ち寄ってみては如何ですか^_^

ちびっ子ぎゃんぐ「ころちや」

食いしん坊倶楽部 No21「居ても立ってもピザ窯 編 ②」

2017.11.13

伊豆市修善寺。
とある庭先で、レンガを積み上げる
一人の男がいた….

伊豆の食いしん坊代表、YMです。

ふとした欲望、ただうまいピザを食したいという食い意地から、密かに石窯を作り始めた私。

噂を聞きつけた方、このブログを見て下さった方々から、意外にも反響があり、沢山のお声を頂戴しました。
食いしん坊倶楽部支持者の皆様、いつもありがとうございます。

「その後、作業はどうなってるの?」
「ピザ窯って簡単にできるの?」
「楽しみにしてるから」
「ピザパはいつ?」
「配達はまだか?30分経ったぞ」
…………

トランキーロ!あっせんなよ! です。
先日まで、食いしん坊 秋の恒例行事、
きのこ狩りフェスを開催していたので、
ピザ窯づくりは一時休止しておりましたが、
この程再開し、着々と進んでいますので
皆さんに報告致します。

まず、火床から伸びる煙突を作成。
機能的にも、気分的にも煙突は重要です。
良い感じ。

焼床にドーム型の天井をつけます。
入り口は半分に割った植木鉢を利用、
最終的に空洞になる部分には土でもって型にします。

さらに新聞紙をかぶせて…
これでいいのか不安ですが、
迷わずいけよ、いけばわかるさ! です。

耐火コンクリートで天井部分を固めます。
お隣さんからは
「ピザの出来栄えが楽しみだなぁ」
プレッシャーをかけられます。

タイルで装飾。
食いしん坊、乗りに乗っています。
朝は苦手なはずが、AM 5:30からまさかの出勤前作業。朝日がまぶしい。
やる気と言う名の食い意地。

タイルに目地を入れ、
型となった植木鉢と土を除去。
その後、窯を丸洗いして…
これはもしや、完成ではないのですか⁉︎

予感がします。
うまいピザにありつける予感。

次回予告!
居ても立ってもピザ窯 編 ③
いよいよピザ焼きます!
西高東低の寒空の下、ついに実食!
乞うご期待!!

窯のフタをすっかり忘れた
食いしん坊YM

おにぎりこさえておにぎりが行く「ぶらり旅」

2017.11.6

バトンが回って参りました。おにぎり君です。
今回はある事を胸に誓い、おにぎりこさえておにぎりが行くぶらり旅で御座います。
目的地は伊豆にいながらまだ行ってなかった熱海をぶらーと散歩しながら歩いてきました。
電車にて三島から二駅目の熱海駅に到着!

最近また元気になり活気づいてると噂を聞いていたのですが、改札を出ると平日にも関わらず人がすごい。改札前にある足湯は座れない程に…

 

 

てなわけで降り立ったおにぎり君。まさかのノープランです。

 

とりあえず海に向かってころりんころりん。
熱海は坂道の街なのですね。15分ぐらい転がると見えてきました、熱海サンビーチ。のどかでまた伊豆とは違った時間の流れがあります。
ビーチを目の前にしておにぎり何をする?
そうです、今までタイトルはおにぎりこさえておにぎりが行く~シリーズでお送りしてましたがおにぎりこさえてねえじゃんと猛烈なツッコミを頂いてました。
この日のおにぎり君は違います。カバンから取り出したのは朝起きて握ってきたええ塩梅の塩むすび!笑
やってやったぜとばかりにおにぎりと夕陽、おにぎりと海を人目を気にしながら写真に収めてご満悦。

格別の味でございました。

 

そこからまた違うルートで駅へと戻る途中にお寿司屋さんで海鮮丼を(海鮮に頼りがちは否めない笑)、伊豆の野菜のみを扱う八百屋さんの食堂で立て続けにはしご食いしました。とさ


東京方面にお住まいで前は良く行っていたのにという方はアルカナへの行き帰りで足が遠のいていた熱海にぶらり寄ってみてはいかがでしょうか?また違う楽しみ方が出来るかもしれません。

おにぎり君

珍客万来?

2017.10.9

皆さんこんにちは。
朝晩が肌寒くなり秋を感じる今日この頃、いかがお過ごしですか?

ところでアルカナのレストランの正面には大きなクスノキがあるのですが、その木に夜な夜なやって来る珍しいお客様がいらっしゃいます。

「あれは何だ!鳥か?リスか?」
いや、そのお客様とは「ムササビ」なのです。

ところがこのムササビ、気まぐれでいつやって来るのかわかりません。

いったいムササビとはどんな動物なんだろうと思い調べてみることにしました。

ムササビは前足と後足との間に膜がありそれを広げて夜の山を滑空します。
風にのれば100~200mも滑空できるそう。
大きさはネコくらい。
意外と大きくてびっくり。
木に空いた穴を巣穴にしていて、日没近くから活動を始め朝方巣穴に戻ってきます。
毎日が朝帰りですね。
鳴き声は「グルルルルー」と低い声で鳴くそうです。

早速アルカナの周りの木に巣穴がないか探してみました。

ムムッ!
怪しい穴を沢山発見!
そして遂に撮影に成功?

実際には夜、こんな風にやって来るそうです。

皆さんがいらっしゃった際にも、もしかするとムササビがやって来てくれるかも!!

世界のてっちゃん

追伸
最後の写真は夜王さんに手伝ってもらい、ガラスにシールを貼って朝撮影したものです。

連載:港巡り⑪ ~ 釣れなかったら即引退!!! ~

2017.9.4

「魚を釣りたい・・・なんでもいいから・・・どんな手を使っても・・・釣りたい・・・!」

皆様こんにちは、へぼ釣り師チョゲです。
最近お客様からよく言われるんです。
「チョゲさん、魚釣れた??」
「それが・・・まだです。」
幾度となく繰り返されたこの会話・・・。

私は心の中で誓いました!次回のブログでは必ずや、いや、釣り師引退をかけて望むと! もう最終手段としてとっておいたアレしかない!

 

 

 

 

 

 

 

 

​はい、今回の舞台は何を隠そう、土肥にある『Fishing Park TOI フィッシングパーク・トイ』

そうです、海上の釣り堀でございます。
 

 

​釣り堀の外側はすぐ海。まるで船釣りでもしているかのような気分を味わえたりするかも。
 
 
私は釣り師のプライドを捨てることにしました。

 
 

湯ヶ島からだと車で約50分ほど。
釣り竿からエサ、バケツや軍手など、最低限必要なものは用意してくれるので手ぶら行っても楽しむことができます。魚種は、アジをはじめマダイ・メジナ・シマアジなど。もちろん釣った魚は有料ですが持ち帰ることができます。


今回は(も?)、小雨がパラパラ、強風・高波というあいにくのコンディション。しかしこんな時でも釣りを楽しめるのが釣り堀の強みです。いつも通りエビをエサに釣りをスタート。

​釣り堀なんだから簡単に釣れちゃうだろう、と意気揚々と竿を下ろします。
・・・?・・・あれ?ここまできてもへぼ釣り師・・・?
なかなかエサに食いついてくれません。このまま引退・・・なのか・・・。

そこで頭をひねって考えました。撒き餌にと言われたこのエサ。
 

​エビじゃなくこっちのがもしや釣れるのでは・・・。
そうだ、水で練って団子にして針につけてみよう!
ネリネリ・・・ネリネリ・・・。
 


再度釣り開始!

 

 

 
 
 

おっ!きたきた!久々すぎるこの感覚!(ホントです。)

 

 

 

ジャーン!釣れました!
中型のアジ2本!
 


続いて釣りゾーンを換えてマダイを狙います。
糸を垂らした瞬間、マダイヒット!
このなかなか味わったことのない強い引き!マダイゲットです!
 


続いて釣り堀の外側の海でのアタック。
なかなか大きめの魚がたくさん泳いでいるのが見えます。
先ほどと同様、ネリネリエサを針につけて・・・

 

 
ヒット!ヒット!

 

 

 
これもマダイに負けず劣らず強い引き!
釣れました!アイゴです!
 

​ヒレに毒がある魚ですが、刺されないように注意さえすれば美味しくいただける魚です。
アイゴは引きが強い魚なので、釣り師としては「釣ってやったぞーーー!」と満足できる魚です。アイゴも2本釣りあげました。
釣り堀の外側の海で釣った魚はタダで持ち帰ることができるのでちょっとお得な気分♪

いや~、久々にこんなに釣りあげました。

 
 

​釣り堀とはいえ、アジ2本・マダイ1本・アイゴ2本。
 
 
引退は撤回致します!!
 
 
 
アルカナ・イズにお越しの際、初心者でも手軽に釣りを楽しんでみたいなという方、『Fishing Park TOI
フィッシングパーク・トイ』、是非おすすめです!

この勢いで、次回は天然魚を!!

 

さて、次はどこの港へ・・・。
 

 

へぼ釣り師チョゲ

リーゼントの休日

2017.8.25

お久しぶりです。はやくも2回目の投稿いけとこリーゼントです!
「夏の汗でリーゼントが維持できないことが最近の悩み」 そんな私の休日を投稿させていただきます!

本日のお店は
22ヴェンティ ドゥエ
静岡市内にあるこじんまりとした本格ピッツェリア!!
メニューが多いわけではないですが、とにかくピザが。生地が。美味しいんです!!

ワインの種類は30種類、ピザはマルゲリータ、マリナーラ、ビアンカの3種類!
他にもアラカルトメニューがございます。

マルゲリータとビアンカをいただきました!

オープンキッチンなので石窯で焼いてるところがみれます!
店の方も気さくな方なので一人でいっても楽しめることまちがいなしです!

伊豆から遠いというところが難点ではありますが。。笑
是非ピザが好きな方は足を運んでみてください!
気に入っていただけると思います!

そんな休日をすごされてみてはいかがでしょうか??

いけとこリーゼント

ひとときの休息

2017.8.19

皆様どうもこんにちはお久しぶりです。

どういった内容を書こうか迷ってしまいます。(笑)
最近出かけた事を書いていきたいと思います。

世間では夏休みのお盆の時期で
お店も道路も車と人がわんさかいます。
決死の覚悟で車で沼津港に行く事に決めました。

沼津港で有名な
お店に行ってきました。

やはりお盆という事で他県ナンバーの車がたくさんいました。
まだ世間ではお盆最終日前なのかと思い少し地元に帰りたくなってしましました。

それはさておき

かき揚げ丼が有名な店に行って食べきれるか挑戦してみました。

(その現物の写真)

あと食べられるか不安でしたが

がなんと

サザエのお刺身まで頼んでしまいました!!

30分ほどかけてやっと完食。

もうお腹がはち切れそうでした。

休みを満喫すべく食べにきたので

とても満足しました。

でも2週間位は揚げ物を控えようと思いました。笑

そのお店は

沼津港すぐの丸天さんでした。

皆様も興味を持たれましたら

行ってみてはいかがでしょうか

日を間違えると

混んでいるので要注意です!!!

今回はこれくらいで

終わりたいと思います。

最後まで見ていただきありがとうございます。

ではまた

ちびっ子ギャング「ころちや」

食いしん坊倶楽部 No20 居ても立っても ピザ窯 編①

2017.8.6

おかげさまで食いしん坊倶楽部の活動も3年を優に超え、シリーズ16回と番外編の3回を皆様にお届けして参りました。
今回20回目となりまして、食いしん坊より皆様にお知らせがございます。
食いしん坊倶楽部は従来、静岡県の食材に焦点を当て、実地調査及び実食をメインとして、この場を借りて発表して参りましたが、 (もちろんこれも続けていきます!!食いしん坊の日常ですから。)  
この度、食いしん坊倶楽部としての活動の幅を拡張いたします。

内容は…

「食いしん坊であることに端を発する、 食いしん坊たらしめる所業」

です。ざっくりいきましたが、皆様引き続き、食いしん坊倶楽部をよろしくお願い致します。

さて…..
伊豆市 修善寺。
とある庭先で、ある事を思い付いた一人の男がいた….
あらためまして、食いしん坊YM です。

ピッツァが食べたい。
庭で食べたい。
地元の具材をのせて。
アルカナスタッフに食べさせよう。
みんなでうまいもの食べて、士気をあげよう。

よし、ピザ窯を自作します。決めた!
思い立ったらすぐ行動。
鉄は熱いうちに打て。
料理はあったかいうちにすぐ食え。 です。

という事で手始めにやってまいりました、
お馴染み、 我らの強い味方、カインズホーム。
Do it yourself。材料集めのスタートです。
無論、初めてチャレンジするので何をどうしていいかもよく分かりませんが、ピザ窯と言えば、耐火レンガ・耐火コンクリートでしょうか?ブロックやモルタルもいるな…
とにかくやってみるしかない。この暑い中、よくやるなぁと自分でも思います。
このモチベーションはどこからくるのか? やはり食い意地からくるのでしょうね。ここでも食いしん坊を自覚。

一通り材料を買い集め、アジトへ戻りました。
窯を二層式にしようと思います。火床で薪を燃やし、焼床でうまいピザを焼く。
ピザ窯の図面も想像上のピザもすでに食いしん坊の頭の中にあります。

ブロックでまず土台を積み上げる。
耐火レンガで火床をつくる。

板状に固めた耐火コンクリートを2段目の焼床とする。
なんか、それっぽくなってきたではないか!

と、今回はここまで。
ですが、食いしん坊の頭をよぎるものあり。
ピザ窯の脇にバーベキューコンロや燻製機能があってもいいよなぁ…
いやいや、まずはピザ窯に専念しよう。
一筋縄ではいかない予感…..

つづく…

食いしん坊YM

おにぎりこさえておにぎりが行く「海水浴」

2017.8.3

夏も本番になってきました。伊豆に住んでいると紫陽花が枯れてくる頃に梅雨が明け夏らしい陽と蒸し暑さがやってきて、夏が来たなあと感じます。

前回のブログで「どこにおにぎりがあるんだっ!!」というお叱りを肝に命じ、おにぎりをこさえていったのですが。。。昔話の「おむすびころりん」のようにコロコロと。

「本当は持っていってないんだろっ!」というツッコミを受けることを覚悟しながら行ってきました。はい、海です。

アルカナから車を河津方面に小一時間車を走らすと海が見えてきました。そこから1番近いビーチは今井浜!公共で来られる方には最寄り駅から徒歩10分と比較的アクセスの良いビーチです。
白い砂浜に広いビーチとは違いますが程よいサイズ感でファミリー層が多いです。
写真は遠目からです。

次に向かったのは白浜。
言わずと知れた伊豆の名ビーチ!
白い砂浜に長いビーチ、澄んだ海とロケーションも最高(ただ平日にも関わらず人人でした)。海だ夏だーと感じたい方にはオススメです。

最後に向かったのは南伊豆の多々戸浜。
今回の目的地です。
最近は丘サーファーでしたが久々に来ました。
ここは海水浴エリアとサーフィンエリアが丁度半々ぐらいで白浜よりも人が少ないのが特徴です。
水も凄く綺麗なので個人的に1番オススメでした。

最近はアルカナのお客様にも海水浴に行ってからチェックインをされる方もいらっしゃるので参考にしてみて下さい。
ダイビングやシュノーケル、サーフィン等にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。伊豆の魅力をより楽しめること間違いなしです。

おにぎり君

10周年

2017.7.2

皆さんこんにちは。
今年もはや半年が過ぎました。
時が経つのは本当に早いものですね。

ところで私達アルカナイズは、この7月をもちまして10周年を迎えることが出来ました。
これも偏に皆様のお陰だと改めて感じています。

そこで10周年を記念して、ご愛顧頂いている皆様に特別なプランをご用意致しました。

このプランでは通常のお料理にプラスして、このプランでしか味わうことの出来ない特別料理を一品と10周年の記念品をプレゼント致します。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

最後になりましたが今までご愛顧頂いた皆様、本当にありがとうございました。
そしてこれからもアルカナイズをよろしくお願い致します。

世界のてっちゃん

連載:港巡り⑩ ~戸田港 第2弾 係留釣り~ feat. きゃすてぃん

2017.6.4

アルカナ釣りファンクラブの皆様こんにちは。
へぼ釣り師チョゲです。
暑くなってまいりました。
皆様!釣りシーズンの到来でございます!

そう、私は待っていたのです、暖かくなるのを。
皆様気付いていましたでしょうか?

 

 
最近チョゲさん、魚釣っていないんじゃねーか・・・?」と。

 

 
はい、その通りでございます。

何をかくそう、私へぼ釣り師チョゲ、港巡り第6回の8月に訪れた田子港で釣った“メジナ”以来、この約1年近く何も釣っておりません!!!
 

本当にチョゲさん、釣りやってるの??へぼにも程があるんじゃない??

 

と思っている方も少なくないかと思います。

 

そこで私、今回は何としても釣らねばと、新しい竿・リール・仕掛けを購入し、2回目となる戸田港の“係留船釣り”という珍しい釣りに挑戦してみました。
“係留船釣り”とは、渡し船で沖の方に固定されている船まで渡り、その船で釣りを楽しみます。固定されているため揺れも少なく、なんたって手頃なお値段で釣りが楽しめるのでおすすめです。

​戸田港は少し沖に出ただけで水深が深く、約25メートルあります。 エサはいつも通りエビで、マダイや青魚を狙います!

​今回は釣りの初心者、相方のきゃすてぃんを釣れての係留船釣りです。

 

1時間・・・2時間・・・(←お、またいつもの釣れない感じのお決まり・・・)、

 

エサはとられますが当たりがこない。一緒に来ていたおじさんも小さいカサゴが4匹釣れているだけで、「今日は厳しいね~~」と言っていました。

 

小さいカサゴでも“魚”が釣れているのがうらやましい!(←へぼ釣り師、ココロの声・・・)
しかし!今回こそはゼロで帰るわけにはいきません!

 

辛抱してさらに待つこと1時間。

 

 

 

 

竿がぐぐぐっっっ!と引きました!!!とても重い!!!リールを巻くのもつらいほど!!!
これは大物だと確信し、慎重に巻き上げること2分・・・ついに見えてきました!!!
何だこれは!!!ヒラメか?!!マダイか?!!

なんと釣れたのは高級魚、“イシダイ”!!!しかも2.4キロの大物!!!

​後から船長さんに聞いたところ、こんな“イシダイ”はめったに釣れないとのこと。
やっとへぼ釣り師、皆様にいい報告ができる

 

 

と喜びたかったのですが・・・。

 

 

なんとこの“イシダイ”をつり上げたのは、一緒に行った初心者、ビギナーのきゃすてぃんなのでした。

​まさにビギナーズ・ラック!本当に運のある男です。
私も負けじと、その後も3時間ほどねばりましたが当たりは無し・・・。時間オーバーとなってしまいました。

私はまたしてもゼロでしたが、今回は相方が大物を釣ったということで勘弁してください!
もちろんこの“イシダイ”はお刺身で美味しくいただきました。

​はたして私はいつ釣ることができるのでしょう・・・。
次回こそ必ず!

皆さんもアルカナにお越しの際は、伊豆のちょっとしたお楽しみ、海釣りでもいかがでしょうか?へぼ釣り師チョゲおすすめの釣りスポット、ご紹介しますよ!
え?いつも釣れないチョゲさんには紹介されたくない??
心配ご無用。釣れない時でもアルカナの最高のおもてなしで心もお腹も満たされること間違いなしですから!

さて、次はどこの港へ・・・。

へぼ釣り師チョゲ

これからの時期に!!

2017.5.24

はじめまして。とこリーゼント(仮)です。

今回は修善寺の蕎麦屋さんを紹介したいとおもいます!
アルカナに入社してから何回かいってお世話になっております。
お店がこちら食処お、きでございます!

店内に入ると笑顔の似合う店主が笑顔でお出迎え。
いつも僕は天ざるをいただきます。

旬の野菜の個々の活きた味わいとさくさくとした食感。
伊豆名産の本わさびの風味と刺激。
なんといっても蕎麦ですね!これから暑い時期に入りますと箸があまり進まなくなります。
でもこのざる蕎麦ののどごしと清涼感。食べ終えるまで箸をおくきになれません。。
最後にはめんつゆと蕎麦湯をあわせて飲みます。なにか懐かしみ感じる心和らぐ味。

修善寺駅ロータリーにありますのでアルカナにお越しになる際にはぜひ寄ってみてはいかがでしょうか。

とこリーゼント(仮)

少しの羽休め

2017.5.16

皆さんどうもこんにちは。

春が短くそろそろ梅雨の季節がやってくる頃ですが皆様はどうお過ごしですか??

私はゴールデンウィークが過ぎ

ようやくゆっくりとできる様になったところです。

頑張った自分にご褒美という事で

美味しいものを食べに行こうと決めました。

少し遠くても美味しいものを求めて...

先輩にどこかいい場所は無いかと伺いまして、
お店の名前は伏せておきますね(笑)
写真だけでもアップします。

先輩に聞いた通りで

美味しいものに巡り会えました!!!

普段提供しているものとは

どれも違うので学ばせてもい

とても良い時間を過ごさせて頂きました。

この休日はゆっくりとでき充実した

1日になりました。

皆様も自分のご褒美でどこかに行こうと

思ったなら是非アルカナにもお越し下さいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしています。

ちびっこギャング

食いしん坊倶楽部 その16 静岡茶

2017.5.10

♪夏もち~かづく 八十八夜~♪

ということで、新茶の季節です。
食いしん坊YMです。

埼玉県生まれの私は、中学生の時の修学旅行で、新幹線の車窓から見た、富士山と茶畑の静岡の景色、そしてそれを見た同級生の歓声が、忘れられない思い出となっています。
静岡県と言えば全国的に茶どころとして知名度抜群ですので、特産品と言えば皆さんもお茶をイメージするのではないでしょうか?

そんな静岡のお茶は全国一の生産量40%を占めており、日本三大茶 (静岡・宇治・狭山) としても名を馳せ、もちろんその品質も一級品です。

お茶摘みが始まり、静岡茶について知識を広げておかねばならぬと今回、藤枝・牧之原・島田・掛川・菊川と調査へ赴いたのですが、広大な静岡の茶地帯と静岡茶の奥深さ、歴史に圧倒されてしまいました。そして日本人、食いしん坊としてお茶文化そのものに興味を持つことへの必要性と楽しさを感じることができた1日となりました。

そんな中、今回私が皆さんに特にお伝えしたいと考えたのは、静岡茶のテロワールについてです。
静岡はお茶の生育に適した環境である事はもとより山や川をはじめ、特色のある地形が多く、地域によって様々な気候条件があります。これが静岡茶と一口に言っても、いろいろな製法やブランド、多種多様なお茶が存在する理由であり、面白い点です。言わずもがなワインと一緒です。

静岡茶の特徴は大きく3種類に分けることができます。

「山のお茶」
昼夜の寒暖差による濃霧の発生、短い日照により茶葉は柔らかい。旨味と栄養を蓄えた上品なお茶。

「谷のお茶」
川の影響で霧が多く、マイナスイオンを浴びて、ミネラル豊富な清らかな香りのお茶。

「里のお茶」
日照時間が長く茶葉が力強く育つので、深蒸し茶として、甘さやコク、濃い緑色を引き出されたお茶。

こうした知識を少し頭において、静岡茶を飲んでみてはいかがでしょうか?
よりうまく、より楽しいティータイムを過ごせるのではないかと思います。

いずれにしても

百聞は一食にしかずです

茶どころ静岡、1日2日では到底手におえないだけのお茶を楽しめる場所があります。嬉しい限りです。

食べて飲んで、飲んでは食べてみる。
これが相手を知るための食いしん坊STYLE。

藤枝にて
あいさつ代わりの抹茶しること抹茶アフォガード。黄金透明な浅蒸し茶。

茶室にて
玉露。お抹茶。
背筋が伸びる。

濃さを選べるジェラートを食する。
こうなるとやはり特濃を選ぶ。

牧之原台地にて
深蒸し茶と新芽天ぷら。
お茶づくしでランチ。


緑茶しゃぶしゃぶにまで手を出してしまう。

腹ごなしに
初めてのお茶摘み体験と工場見学。

掛川にて
深蒸し煎茶と
この上ないお茶スイーツ。

菊川にて
本日2度目、玉露にはまる。
茶葉をなんとワサビ醤油で。

うまし。
皆さんも静岡にお越しの際には、
色々な静岡茶を楽しんでください!

それから
お土産にしたお茶を使って、
試作してみました。

アルカナでもお茶料理、どなたかに召し上がっていただくやもしれません…

食いしん坊YM

おにぎりこさえておにぎりが行く

2017.5.1

おにぎりこさえておにぎりが行くシリーズ第2弾が早くもやってまいりました。
春らしくなりもうすぐそこに初夏がやってこようとしてる時頃、お休みを利用してある場所に行って参りました。暖かくなってきたらより美味しく感じる飲み物……ルービーです。今回は伊豆にある伊豆を代表するルービー工場にお邪魔して来ました。2e
その名はbairdbeer。クラフトビール好きにはもうその名を聞いた事があるかもしれませんが、その製造本拠地がアルカナの近くにあり、クラフトビールを飲めるスペースも御座います。
しかもフードの持ち込み自由とあり、楽しみ方は無限大!私この日魚屋さんでお造りを買いお魚とビールとおにぎりという幸せな時間を過ごして参りました。
image
フレイバーも豊富に種類があるのでついつい長居。笑
アルカナにお越しになる前、帰宅の際に寄ってみては如何でしょうか。この時期にぴったりなこと間違いなしです。

おにぎり君

しんぶん

2017.4.5

みなさんこんにちは。

4月になり新しいスタートの季節になりました。

いかがお過ごしですか。

今日みなさんにご紹介したいのは「新聞」です。

毎日いろんな情報を教えてくれる新聞。
いろいろありますが、ここ伊豆にはとてもローカルな新聞があります。

その名も「伊豆日日新聞」

image1

ページ数も6ページ程の新聞で、記事の内容は1面でも地元のニュースがほとんどです。

記事を見ていると「伊豆は何て平和なんだろう」と思ってしまうほど。

伊豆に来られたお客様には興味がない内容かもしれませんが、旅行に行ってその土地の新聞を見るのも一つの旅行の楽しみ方かなと私は思います。

記事の中には伊豆のイベント情報などもあり、それを見て今日の予定を立てるのも楽しいかも。

それともう一つの楽しみ。
この新聞には「そうずら君」という4コマ漫画が連載されています。

この漫画、とてもシュールでなかなか難しい漫画ですが私は大好きです。

image2

画像が粗くてすいません。

みなさんもアルカナにお越しの際には是非「伊豆日日新聞」を読んでみてください。

世界のてっちゃん

こだわりの旨さ

2017.3.24

春です。新しい始まりの季節となりました。
皆様、こんにちわ。
新人のきゃすてぃんです。

今回は新しいスタートをきる皆さまに「乾杯!!」
そんなわけで、地ビールのご紹介。

それは、伊東の”宇佐美麦酒”!!。

image1

image4

伊豆は水がよいので地ビールを造っている所がたくさんあるのですが、この宇佐美麦酒は湧き水ではなく伊東沖の海洋深層水をくみ上げてつくっております。
なかでも世界にも通用するビールを造るという決意からゴールデンエールとセゾンという2種銘柄を開発。
今回はこの2種類をご紹介します。

image8

まず、このゴールデンエール。
麦はヨーロッパの香りの良い物を2種類直輸入しています。そして伊東沖のミネラルが豊富な海洋深層水を使い発酵させることで、酵母に力がみなぎり、菌の成長が促進。これにより発酵終わりにカドがとれたようなまろやかな仕上がりになります。

そして苦味やコクが特徴のセゾン。
こちらは麦のベースは前のものと一緒ですが配合を変えており、カラメル麦芽を併用しています。タイプとしてはアンバーエールに近くなっておりこのカラメル麦芽がこのセゾンビールにコクやスパイスや香ばしさをプラスしております。

どちらも上面発酵でつくっており、フルーティさがあります。特に生樽タイプはモノが違うとのことでした。

つくりとしては
煮込み釜で麦を煮込む

ストレイナーという機械で漉す

麦汁にホップを入れ、さらに煮込む

image5
熱交換器で冷ます

image6
発酵タンクに入れ、酵母を入れ一次発酵

温度管理し5~7日程
(ここの発酵の部分がポイントで、宇佐美麦酒はこの時の温度管理が他所とは違います。この温度は企業秘密ということで、ここにこのビール達の旨さの秘密があるようです。)

さらにタンクを移し二次発酵、熟成したものを出荷します。
image7

伝統的なエールビールをみなさんに愛されるようにつくりたい。
そして料理に寄り添ったものとして
という理念から出来たこちらのビール。
私も早速頂きました。
料理を邪魔しない、優しくてまろやかなビールでした!
8種類程のラインナップもあり、皆さん興味が有りましたら是非どうでしょうか??

image10

お忙しい中ご説明下さった加藤さん、
どうもありがとうございました!
(写真は中には入れないのでガラス越しからとなっております)

きゃすてぃん

連載:港巡り⑨ ~石廊崎港・大瀬港~

2017.2.27

1

アルカナ釣りファンクラブの皆様こんにちは、
へぼ釣り師チョゲです。
お待たせ致しました!待望の連載、港巡りシリーズ最新版でございます!

ついに、私はかねてより行きたいと思っていた南伊豆に行って参りました!湯ヶ島からだと約50キロ、車で1時間半程です。
そして私が訪れた港は、石廊崎港。そこから約15分歩くと伊豆半島最南端の岬、石廊崎に到着します。ここは駿河湾と相模灘をまたぐ岬でもあります。
2

​さて、石廊崎に来たら食べたかったもの、それは「石廊イカ」と呼ばれているもの。
あれ?釣りからじゃないのか
とお思いの皆様、お楽しみは後ほどですよ。

「石廊イカ」とはその名の通り、石廊崎沖で漁獲されたもの。東京の築地では高値取引されるブランドものです。石廊崎沖の栄養素の高いプランクトンをもりもり食べて育ったイカなので、普通のスルメイカと比べて肉厚で甘みがあります。善玉コレステロールも含んでいるそうですよ。
しかしながら夏から秋が旬のこのイカ、この時期に石廊イカを出している数少ないお店を見つけ出したのですがあいにくの臨時休業・・・。なんと運がないのでしょうか。
今度は旬に来てやる!と思ったへぼ釣り師です。
なんとか石廊イカの塩辛を発見。

3

​期待通り肉厚で甘みがあり、石廊イカのおいしさを感じることができて悔しさも少し和らぎました。

そして南伊豆の名産「さんま姿寿司」もお目当ての一つ。
こちらも石廊崎港近くにあるお店で食べることができます。
南伊豆近海でとれたサンマを使った押し寿司で、冠婚葬祭等の際に各家庭で作られるおもてなし料理です。残念ながら今ではサンマがほとんど獲れないため、日本各地のサンマを使っているようです。サンマを塩漬けにした後甘酢漬けにするという行程を3~4日かけて丹念に行うんだそう。

4

​なるほど、手間暇かけただけあって青魚特有の臭みは消えて、甘みの効いた食べやすいお寿司でした。

さて、お待たせ致しました、本業の釣りをスタート!
石廊崎の東にある大瀬港へ移動、本格的な堤防の釣り場としては南伊豆一といわれています。
しかしながら2月、堤防釣りとしては一番厳しい月でもあります。現に大瀬港周辺の港にはどこにも釣り人が見当たらない始末・・・。厳しい条件の中めげずに小エビを餌にかご釣りで勝負をかけます!
5
6

​1時間・・・2時間・・・。何も反応無し・・・。おまけにこの真冬の寒さに私、3時間で心が折れました・・・。今回も成果ゼロ・・・最近は連敗続き、次回は季節も春、なんとかリベンジしたいと心に誓うのでした。

折れた心を癒しに、弓ヶ浜の名店「青木さざえ店」に行って参りました。

7

​1995年にサザエの卸問屋として開業した老舗です。小売店の隣に磯料理店があって、伊勢エビやアワビ、サザエなどの海産物が一年中味わえます。私が頼んだのは“弓ヶ浜定食”。
8
​サザエの刺身や伊勢エビ・ハマグリ・海鮮のお味噌汁など、これだけ豪華なのにお手頃価格でした。どれも新鮮で、特にサザエの刺身はコリコリ歯ごたえがあって非常に美味しかったです。他にも浜焼きができるスペースもあるので、次の機会に行ってみたいと思います。
お店を出るとキレイな弓ヶ浜の砂浜に囲まれていて私の心もすっかり温かくなりました。
9
​南伊豆、私にとっては未開拓の地だっただけに、風景・食材含め非常に魅力を感じさせる地でもありました。やっぱり伊豆は魅力だらけの場所だとあらためて実感しました。

随分と春めいてきましたね。アルカナでは春の食材も少しずつ入ってきています。是非、アルカナの春を味わいにいらしてください。お待ちしております。

さて、次はどこの港へ・・・。

へぼ釣り師チョゲ

初めて

2017.2.11

皆さま、初めましてでございます。
私、この度1月末からアルカナイズにお世話になることになりました、新米コックのきゃすてぃんと申します。

この緑に囲まれた自然の地、生産者に近いこの場所に魅力を感じやって参りました!
こちらに来てまだ間もなく不慣れなことも多いので、いろいろな人にご迷惑をおかけする日々ですがアルカナやこの伊豆の素晴らしさを知り、体感し吸収して日々、努力・成長していきたいと思っています。そして皆様に得たものをどんどん出していきたいと思っておりますので、どうぞ宜しくお願いします!!

きゃすてぃん

勉強会

2017.2.7

皆さんどうもこんにちは。

今回は料理の勉強のために

一人で沼津、三島に
ご飯を食べに行くことにしました。

まず沼津ではランチを頂きました。
IMG_1711

3つあるコースの真ん中のコースの最初の一皿ですね。
魚介の旨味が詰まった黒米入りのリゾット
一口食べると旨味が広がっていき笑みがこぼれそうになりました。

こちらはお魚のお皿です。
真鯛のポワレが出てきました皮はパリッと身はほろほろとほぐれていく柔らかさ
ソースと相まってとても美味しく頂きました。

IMG_1709

ランチ後は三島に戻り
お買い物。

夜までのんびりしていざ晩ご飯です!!

三島広小路駅降りて脇道を入った所にあるビストロへお邪魔させていただきました。

いつもワインを飲まないので

今回は勉強しなくてはと思い
料理のオーダーに合わせてワインをお願いしました。

IMG_1706

最初のお皿は
白身魚を紅しぐれ大根ですかね
そこに酸味のあるソースと合わせたカルパッチョでした。
塩味がきいていてあまり飲み慣れないワインでも美味しくいただけました。

IMG_1705

最後に食べたのがこの仔羊です。

骨付きでローストされたものです。
肉はクセもなく強めの赤ワインと合っていて
ペロリと食べてしまいました。

とても美味しかったですし
お店の雰囲気も良かったです。

お会計を済まし外にでて思ったのが
(今日は食べ過ぎだな)

また節約生活の始まりです…(笑)

またお金が貯まったら勉強しに

あちこち回りたいと思います。

皆さんオススメの場所などあれば
教えてください。(笑)

ではまたの機会に

ちびっこギャング「ころちや」

食いしん坊倶楽部 番外編③ 豆腐作り体験

2017.2.1

国語辞典を開いてみました。
食いしん坊…食い意地が張って、むやみに食べたがること。またそういう人。
なるほど納得、
食いしん坊YMです。

長年食いしん坊やっていますと、肉体になかなかの負荷がかかるのも事実で、いくら鉄人(一部の間ではそう呼ばれている)と言われる私でも良いパフォーマンスを出すためにはメンテナンスも必要です。
そこで栄養価も高く、健康食品として世界でも評価をされている豆腐を一度作ってみようではないかと思い立ったのが今回の企画です。
食いしん坊の私はもちろん大豆製品、豆腐も大好きです。
伊豆では豆腐屋さんをよく見かけるなと常々思っていましたが、調べてみると近所で私がよく行く豆腐屋さん以外でも何軒もありますし、静岡県には豆腐組合も存在し、70件以上の豆腐屋さんが所属しているそうです。
今度いろんな豆腐を集めて食してみるというのもいいかもしれません…
ともかく豆腐製造が盛んな理由には、静岡県そして伊豆地方の水の良さが第一にあげられるでしょう。
豆腐自体80%〜90%は水分ですし、製造工程でのさらし水も良質でないと繊細な豆腐の味に影響が出てしまうのは想像にたやすいことです。

IMG_4773
さて、今回豆腐作りを体験させていただいたところは、
中伊豆地区・伊豆大見の郷 季多楽
地元の農産物や加工品を扱う直売店で、小さな豆腐工場が隣接しています。
製造工程などを一通り見学させていただき、豆腐作りをする場所へと案内されると、早速目移り。
次々と香ばしく揚げられていく豆腐達。

IMG_4736

ここでも食いしん坊を再自覚。
「ちょっと味見してもいいですか⁉︎」
商品なのに快く分けてくださる優しいスタッフの方、ありがとうございます。
うましっ。
「あっ、豆腐を作りに来たんです、忘れていませんよ。」

今日は豆腐の中でもストレートな味を味わえる、基本の木綿豆腐をつくります。

まず、中伊豆で育った大豆(フクユタカ)と天城の名水から作った豆乳を火にかける
IMG_4737
80度まで加熱したところに、
駿河湾の天然にがりを加え手際よく混ぜる
簡単なようで混ぜ方が難しい
IMG_4764
凝固した豆乳を型の中入れる
IMG_4766
蓋をして圧力をかける
IMG_4767
型の中で整形された豆腐を取り出し水にさらす
IMG_4763
完成!!
IMG_4768
うまそうでしょう、うまいです本当に。

「豆腐に旅をさせるな」などとはよく言ったものですが、豆腐は素朴でデリケートな食べ物であるだけに、地元の水・地元の大豆・地元のにがりを使って、身近な場所で作られたものを新鮮なうちに食すと言うのが 一番贅沢で、うまいものだと実感しました。

最後に一言‥
ヘルシーだからとか、体にいいからとか、
理由をつけて、少しでも多く食べようとするあなた!
それ、食いしん坊ですよ!

食いしん坊YM

連載?おにぎり君がいく:おにぎりこさえて…..

2017.1.22

こんにちは。
年が明けそろそろ2月です。私もアルカナにきてもうすぐ2ヵ月になります。
本当に時間の流れは早いですね。一瞬で過ぎて行く時間の中で冬の伊豆を感じたいとアルカナイズを出発して歩いてきました。

天城の方へ歩いて行くと浄蓮の滝という綺麗な滝の名所がありました。
image
滝のすぐそばには伊豆名産の山葵畑が。。澄んだ川とそこに息づく山葵はこれぞ伊豆の天城エリアの象徴です。

この恵みをアルカナで日々提供させて頂いてるんだなあと感じました。
そこからさらに奥へと進むと滑沢渓谷という非常に綺麗な渓流ポイントがあります。
2
ここもオススメ散歩エリアです。穏やかな渓谷なので清流を見ながら歩いていくと樹齢450年の太郎杉が出迎えてくれますよ!
3
浄蓮の滝~滑沢渓谷までの道程には遠方からもわざわざ買いにくるぐらいのファンがいる美味しいパン屋さんやカフェなんかもありますので、散歩しながらも楽しめちゃいますよ!
アルカナイズにお泊りの際に外に出てみたいなと思った際は一度お試しあれのコースです。

ではまた。

連載狙ってます。

おにぎり君

也万波

2017.1.17

みなさんこんにちは。

今年もはや2週間が過ぎました。
いかがお過ごしですか。

さて今回はみなさんにご紹介したいお店があります。
修善寺駅の近くにある「也万波」(やまんば)さんです。

image1

このお店は僕がアルカナイズで働き始めた頃に先輩から教えてもらったお店で、初めて伺った時からとても良くして頂いています。
この「也万波」さんは地元食材を使った郷土料理を食べさせてくれるお店です。
金目鯛の煮付けや花わさびどんぶり、ズガニうどんなどメインのお料理に加え小皿料理もとても手の込んだ美味しい料理を出してくれます。
料理の味はもちろんですが、アットホームな雰囲気もその魅力の一つです。
僕もお店に伺った時にはついつい長居をしてしまいます。
みなさんもアルカナにお越しの際にはぜひ伺ってみてください。

世界のてっちゃん

ページの上部へ